久保田 千寿  秋あがり

  • 720ml / 1,595円(税込み)

ギフト・のし対応可能です。ご希望の方はカート内にて選択ください。

商品詳細

冬に仕込んだ「久保田 千寿」の原酒を、秋まで約8ヵ月じっくり熟成させることで、生原酒ならではの濃厚な味わいが、夏を越えて熟成し、まろやかな味わいへと変化しています。熟成前の原酒は、搾りたての「久保田 千寿 吟醸生原酒」として毎年1月に発売しています。そのフレッシュな口当たりから変化した、まろやかな味わいを楽しめるのが「久保田 千寿 秋あがり」です。

冷やすと、千寿ならではのキレとやわらかな酸味を、常温でとろっとした口当たりと旨味を感じられます。味わい深いため、お酒をメインにじっくり楽しむのはもちろん、秋が旬のなすやさつまいもなどの野菜や、秋鮭をはじめとした上品な旨味のある魚介類や肉類とも相性のよいお酒です。

度数

15度

配送温度帯

常温

原材料

五百万石

保存方法

直射日光の当たらない涼しい暗所に保管してください

容量

1800ml, 720ml

味わい・香り

香り豊か
味が軽い
味が深い
香り静か

甘口
中辛口
辛口

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
冷酒
ロック

商品をご紹介

秋あがり」とは秋が旬の日本酒で、厳密に言うとお酒の種類ではなく、お酒の状態を指す言葉です。春に搾ったお酒が夏を越して熟成し、“秋になり旨味が増した”状態を「秋あがり」と呼んでいるのです。

 

☆飲み方

「秋あがり」は熟成したまろやかな深みが特徴です。本来の味わいを楽しむなら、まずは常温がおすすめ。お米の旨味をダイレクトに感じることができます。
暑さがまだ残る初秋には、軽く冷やして飲むのも良いでしょう。すっきりとした味わいになります。
肌寒くなってきたらぜひ試していただきたいのがお燗。40℃前後のぬる燗や、50℃前後の熱燗がおすすめです。温めることで香りが広がり、コクが深まり、ふくらみある味わいを感じられます。
冷酒、冷や、燗酒と、温度帯の違いによる味わいの変化を堪能してみてください。

店主 安藤がオススメする 今が旬!今だから飲んで欲しい!お酒

日々のこと・イベントなど あんどう酒店の新着情報 酒屋の豆知識も!

  • 駒ヶ岳2021エディション

    いつもホームページご覧いただきありがとうございます。 10月16日 ボスの日。 経営者と部下の関係を円滑にす...

  • 秋の出羽鶴

    いつもホームページご覧いただきありがとうございます。 10月15日  きのこの日。   コロナも落ち着...

  • みやこんじょの新酒!

    いつもホームページご覧いただきありがとうございます。 10月13日 サツマイモの日。 こんな日に うっ...

あんどう酒店人気BEST10位 売れ筋ランキング